CASL2について プログラミング純者です図のような直方

No Comments

CASL2について プログラミング純者です。図のような直方体の体積を求めるコードで、わからない位置があるので質問します。Q1.GR1は直方体の縦の長さ3を表していると思いますが合っていますか?
Q2.GR2は何を表していますか?Q3.BTDL1、BTDL2、BTDL3ではそれぞれ何をしていますか?Q1.GR1は直方体の縦の長さ3を表していると思いますが合っていますか?いいえ2行目の時点では 0 です4行目の時点では 3 です6行目の時点では 24 です3ビット左シフトしているので3×8の計算8行目の時点では 36 です24+12の計算9行目の時点では 144 です直方体の体積の計算結果Q2.GR2は何を表していますか?前半の直方体の体積を求めているのに使ってます3行目の時点では 0 です5行目の時点では 3 です6行目の時点では 12 です2ビット左シフトしているので3×4の計算後半関数BTDではGR1を10で割った時の「商」の計算に使ってますQ3.BTDL1、BTDL2、BTDL3ではそれぞれ何をしていますか?関数BTDは、GR1の数値を1桁ずつ取り出して文字に変換してBUFFERに格納していますBUFFERには1の位?10の位?100の位と下の桁から順に文字化していますBTDL1は何をしていますか?GR1÷10の「商」を計算するために GR2 を 0 に初期化していますBTDL2は何をしていますか?GR1÷10「商」を GR2 に求め、「余り」を GR1 に求めています具体的には GR1 から10ずつ引いて行って、引けた回数を GR2 にカウントしていますGR1 が 10 より小さくなった時に BTDL3 へ行きますBTDL3は何をしていますか?GR1 10未満の数 の数値を文字に変換#0030とORして BUFFER に1の位から入れてます最後に GR2商 を GR1 にコピーして BTDL1 に戻ります。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です