A県を被告に申請拒否処分取り消しの訴訟と義務付けの訴訟を併

No Comments

A県を被告に、申請拒否処分取り消しの訴えと義務付けの訴えを併合提起すべきである
Bの成年後見人に対し本件契約を追認するか催告し、その期間内に追認拒絶の意思表示を求む。
書状によらない贈与契約は履行が終了していない限り撤回出来るので、Bに贈与の撤回を主張する。
これで、46点でした。
45.46が満点?
44が、6点?分りやすい解説ありがとうございます
採点基準は以下のようだと推測できます。44 A県 4点B市は2点 農地転用許可の4点義務付けの訴え4点農地転用許可のみだと0点 不作プラスの違法確認訴訟と併合提起 8点取消訴訟は0点。併合提起抜かしは-2点 被告間違いは最大で8点加点方華燭の典 45 Cに対し4点Bの成年後見人も4点。Bに対しとしたら全体が0点か2点本件契約を追認するか否か確答すべき催告をし追認拒絶の結始末を得る必要がある。 16点確答抜かしは減退点なし。追認するか否かの否かという一義が入っていないと最大で8点 結論間違いは最大で8点。本件契約抜かしは0点 その期間内にを入れた場合には-2点 46 書状によらない贈与 8点口頭による契約は0点 履行が終わっていないことを理由に 8点引き渡しが終わっていない、着手していないは減点なし、この辺は裁量の余地は大きいと考えられる。採点官により点数は異なる可能性大 撤回4点解除も減点なし44 A県と義務付けのワードのみで合計8点45 問題文で「その期間内に」を入れた以官庁は-2点の減点なので18点46 満点計46点です。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です