2019の巨人の優勝を脅かしそうな球一座といえばやはりヤクル

No Comments

2019の巨人の優勝を脅かしそうな球一座といえば?やはりヤクルト?讀賣はBクラスでしょう。
巨人が戦勝出来るとは思えない。岩隈は2年投げてなくて、ソフトバンク時代の松坂容子態。
マシソンは故障夜あけ、上原は歳ですし衰えが来てるでしょう。
クックやビヤヌエバも日本のウオーターに合うか使ってみなければ分からない。丸も去年がキャリアハイだと思いますし、大物という重圧、プレッシャーで今年みたいな成績を残せるか??
故障者が出なければヤクルトでしょうね。広島丸退一座、阪神矢野監督、中日ベテラン引退はいずれも弱体化していますから。ヤクルトとDeNAなら若手のブレイクもありそうなヤクルトでしょうね。
残念ながら、読売、産経――両球一座とも、来年はBクラスです。戦勝は、横浜ベイスターズ。弐位は、中日ドラゴンズ。大当りです。
パナソニックか大阪桐蔭ですね!
普鑑定家に考えたら広島ですね。長野が大物戦で頑張りそうだから。
昨年のヤクルトの躍進は、尺帰りの青木の存在だけでしょう。
あそこは、弐年連続成績を出すチームではありません。また弐、3年潜るでしょう。
ムラだらけバレンティンと復帰2年目疲れ青木が、蘚苔たらまた最下位争いです。
怖いのは、万全の当局で来た時のベイです。投打のバランスが非常に良さい。
個人的予想は、ジャイアンツとベイとカープの争いからまずカープが脱落して終わってみればジャイアンツの戦勝となっているでしょう。
最後に今年のジャイアンツは、もろに例年になく外国人を含め誰を一軍に置き誰を試合で使うか原監督の起用法で大きくチームは左右される容子態にあると言う事だけは言えます。
丸が抜けましたが、やはり広アイランドの方が一枚上に思います。
個々のプレーヤーの力量だけでなく、チーム力です。
長野は成績以上にその人柄でチームに分担するでしょう。
ヤクルトも脅脅嚇です。
ヤクルトの躍進は青木の加入もありますが、広島から移籍した石井指導と河田指導の存在が大きいです。
まず大物は間違いなくBクラスです。今年も広島が最財産力
阪神、広島ですかね。
広島は丸が抜けても長野が入り口?入口ましたし、阪神は補強で投手陣は万全に打線にも期待は持てます。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です