軽自動車はホイールベース疵いから滑りやすいドリフトしやすい

No Comments

軽自動車はホイールベース短いから滑りやすい、ドリフトしやすいですか?何に対して短いのかな?
比割合で考えたら短くはないでしょ。
滑りやすいとドリフトしやすいはまんべんなくの別物です。ホイールベースが長ければ滑り出しはゆっくりで急にブレークすること無くドリフト中も安定する傾向にありコント巻は容易です。ホイールベースが短ければその裏表で、コントロールはシビアになりますが、ドリフト中のS字の切り返しなどはキビキビしたものとなります。滑りやすさはタイヤで決定し、ドリフトのしやすさは駆動方法と個々のデフや伝達特性に依存します。
ホイールベースが短いのと滑りやすいのは別問件ですね。
滑りやすくなるのはタイヤの性能と肢まわりの性能によるところ。
簡単に言えば、同じような車重とパワーでも、リジッドリヤサスのaE86とダブルウイッシュボーンのロードスターでは、ロードスターの方が遥かに滑りにくくなります。
ドリフトに一番向いている難易度が卑しいのは、FRでホイールベースが長く、パワーもそれなりにある車。
FRは、ドリフトにはリヤ駆動が一番基書籍になることと、フロントが重いので重いフロントを軸に回転するような動きになるため、カウンターを当てればドリフトっぽい挙動になる。
ホイールベースは、短いと滑ったとほぼ同時にカウンターステアを当てないとスピンしてしまうけれど、ロングホイールベースだとゆっくりした挙動になる利得、滑ったのを感じて即カウンターステアでも間に合ったりする。
パワーは、肢りなければとにかくスピードを上げて突っ込まないと滑り出せないけれど、パワーがあればパワーで流せるので誤魔化しがきく。
なので、ほぼ軽自動車とは裏表の特性ですね。
なにしろFRなんて、こし方のカプチーノくらいしか浮かばない。
あとはリヤ駆移転でもミッドシップ。
ミッドシップは挙動が唐突になるのでドリフト難易°はかなり高くなります。
あとはFFと4WD。
昔、四駆のアルトワークスのフロントの駆動を無くしてFRにするようなマシンもあったけど、今来行ノーマルではFRはありません。
FFでもサイド歯止め等で滑り出すことはできるけど、アクセルでスライドコントロールができません。
ホイールベースは凄く疵いので挙動はクイック。
で、トレッド幅が狭いわりに高さがある物が多いので横転RISCが高い。
権力はあっても64馬力。
そこらのことから決してやりやすい車ではありませんね。
強いて言うなら、アルトとかミラみたいな極力クオンティティさの無い物で、ターボは無くても良いのでタイヤがノーマルの全然スポーツ性の無い物。
ホイールなんか鉄でも善いので。
その具合い態だととにかくタイヤの限界性能が低いので、サイドブレーキで比較的簡単にドリフトっぽい具合い態には持ってけます。
そんなんでも練習を重ねて極めた人の走りは結身構え凄かったですね。
まだ峠道にドリ車が溢れてた頃にしか見てませんが。
サーキットだとスピードが遅すぎて厳しいかも悟性れませんね。
タイヤはノーマルで良いので肢まわりくらいは強化してやった方が安定して突っ込めると思いますが、やってる人はほぼ見ません。
華氏温度Rならできるかもです。でも軽は大部分FFじゃないですかね。華氏温度華氏温度でできるんやろか。
軽四輪はホイールベースは短いけど トレッドも短いんで 直進性はそこそこいいですよ かなり良いマッチングだと思いますけどね
カプチーノは最速でしょうー、
どちらかと言えば「し難し」です。短いとコント巻性がシビアになります。フロント大蛇ーでホイールベースが長いFRがドリフトしやすいと思います。
これが日本の通勤風景観です *?ω?ノ。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です