言っている事柄が言葉として理解ができません授業中テレビ

No Comments

言っている事柄が言葉として理解ができません。
授業中、テレビを観てる時、友達との会話中話していて日本語を言っている事柄は分かるのですがそれが言語としてではなく音?として聞こえてしまい困ってます。わりと昔からあることで最近では音当てゲームができるな…と半ばば諦めていますが同じような方はいませんか?また、言語として理解できるようになった方、どうやって理解できるようになりましたか?聴覚情報処理障害というワードで検索するそうすると類似する症状が出てるでしょう耳の病気として扱いたいのであれば心因性難聴というワードが合致するただし聴力を計測し正常であるという証拠は文面にないのでギリギリ該当しない、聴力計測後どっちの病名で考察したらよいか?を考え聴覚情報処理障害なら精神科、心因性難聴なら耳鼻咽喉科で相談ですいがいと単純で、栄養不足とか、睡眠不足とか、そういうことで改善できてしまったりします原理としては単純、聴力は正常で治す場所がないわけところが、ストレスを何らかの形でありきがそぞろになってしまうストレスの発散を食欲、睡眠欲を満たすことで補うというわけよく食べてよく寝るというのは病院で治すことではないのでそういったことを改善してから、病院でというのを考察したほうが治療を受けるという面では効率的です
音響障害があると、聞こえる声が響いて聞こえる事で、理解しずらくなり、何回も聞き返すという状態になりますが、質問者さんの場合はこのような感じなのですか?。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です