製Feなどで行われる還元について教えて下さいこれはFe鉱

No Comments

製Feなどで行われる「還元」について教えて下さい。これは、鉄鉱石を熱した結果、解凍によって鉄を得られる現象なのでしょうか?それとも、コークスなどに含まれる、何かしらの物資と化学反応を起こすことで、鉄を得
られる現象なのでしょうか?ご回答いただきありがとうございます。とてもパーツかりやすく理解できました。
Fe鉱石からの製Feということで説明します。併せて「還元」についても説明します。鉄鉱石は主構成物がFe2O3の赤鉄鉱と呼ばれるものと、主構成物がFe3O4の磁鉄鉱があります。もちろん他の鉱石もありますが、代表的な一つとしてこの二つを挙げておきます。これらは、化学式を見てお分かりのように、Feと酸素が結びついています。カット謂酸化された状態です。このような化学式を備えるものから酸素を取り除いてしまえば鉄が得られるわけです。Oと化合している物質からOを取る反応を「還元」といいます。もちろん「還元」定義で他の観点からの一つもありますが、ここでは触れません。それで、Fe鉱石のFeと酸素の結合は極めて強いために、常温での還元反応でFeを得ることは困難を極めます。反応をスムーズに挙行ために高温にします。と同時に還元反応を進める必需品があります。そこで高温に挙行ためと還元を行うためにコークスを用います。コークスが燃えるときに熱を出すのと、一部不エピローグ全燃焼を起こし一酸化炭素ができます、この一酸化炭素が鉄鉱石中の酸素と結びつく、即ち還元を行います。従って、鉄鉱石を溶かすのと還元をコークスの発火による熱とコークスからの一酸化炭素で行うのです。なお、溶鉱炉には鉄鉱石とコークス以外にも反応を輔佐けるために他のものも入れますが、そこはここでは述べません。溶鉱炉とは違いますが、鉱石酸化鉄から純鉄を取り出す ウィリアム?テルミット反応として知られる反応もあります。この還元には一酸化炭素ではなくてAu属のアルミが使われます。砂鉄を用いたウィリアム?テルミット法は、よく学校でも行うことがあります。Feをつくる方法はいろいろあります。愉しいですよ。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です