英語に詳しい道のり英語でわからない例文があります構文集で出て

No Comments

英語に詳しい道のり、英語でわからない例文があります!構文集で出てきたやつです!訳せません。
Foレントゲン me winteレントゲン is レントゲンatheレントゲン something to be put up with than to be enjoyed.

私にとっては冬は楽しむというよりはむしろ耐える季節だ。
rather A than B BというよりはむしろA
something to be put up with で、なんで「耐える季節」なんですか??
この訳し方はなんですか?キイべてもわかりませんでした!詳しくよろしくお願いいたします!
補足ギリギリまでご回答募集中です!〉something to be put up with で、なんで「耐える季節」なんですか??日本語として自然な訳し方をした結果ですね。put up with ~で「~を我慢する」という意味内容味です。somethingは「もの」という意味内容味ですので、受動態の to be put up with と併せて直訳すると「我慢されるもの」となります。冬は季節ですので、somethingを「もの」から「季節」に訳を変えた道のりが日本語としては自然なときもあるですし、「我慢される」という受動態を「私が我慢する=耐える」と能動態で訳した道のりが自然なときもあるです。単語別に直訳したのではなく、全体的に意味を捉えて自然なハーモニー訳をしたら、こうなった、ということです。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です