自宅の敷地内の木を切りたいと思っていますが高所芝居業車をレン

No Comments

自宅の敷地内の木を切りたいと思っていますが、高所作業車をレンタルして作業する場合、高所作業等の性合い格は必要でしょうか?、ちなみに電線より少し高い木を途中で切りたいと思っています。一般的にリースの場合は高所作業車の適切なカテゴリの性合い格証は必要でしょう。
建機用芝居業機材をリースする場合、多くは建設会社が多いですね。
初めて借りる場合、所要期間のリース代もしくは最低期間リース代を現金払い、性合い格証と運転免許を提示して借りることが多いですね。
これは事故が起きた場合、労災案件に自動的になり、下手をするとリース会社も点検等の実施状況や性合い格証の確認をしたか?など労基署の査察を受ける可能性があるためです。
一般的に個人利用なら性合い格証はいらない。という回答もあろうかと思いますが、基本、先ほど申し上げた通り建設会社を中心とした顧客相手の商売ですから、必然的に取り扱い教育を受けた有性合い格者が操作する前提であるため、リース会社は高所作業車の操作説明は行いません。
ですので、リース利用する場合は高所芝居業車技能講習を受けて操芝居方法などを習得した方がスムーズに借りられると思います。
リース商社によるのと、そもそも個人に貸さない所もある。
deb********さん高所作業車で通常必要な性合い格は二つ。車両ですから公道を運転するための運転免許と高所作業するための性合い格。このうち、作業のための性合い格と言うのは、労働者に対する法律で決められていることなので、個人の家を自分で治すとかという労働者ではない人のやる作業は、法律の対象外となるため、法的には性合い格不要となります。適切な運転免許は不可欠です。レンタルしてる会社が貸して与えるかはこれとは別問題です。高額な機械類ですし、電線などとの接触で、作業者がけがをしてもいけませんし、電線を切るなどの事故を起こすと莫大な賠償問題ともなりますし、作業者がよく知らないことによるトラブルの起きやすい機械類でもあるので、知らない人、素人には貸さないって決めてる会社も結構多いんです。なので、中型免許か、昔の普通免許保つこと者に自動でついてる、中型限定免許を持ってるならレンタル会社に問い合わせてみたら良いと思いますよ。大手だと貸してくれないケースが結構多いと思うので、地場業者とかに聞いてみるほうが良いかもしれおません。
個人で高所作業車を使う場合には、性合い格としては必要ないのですが、特に高所作業車は一般的な車の使い方とは違うので注意が必要です。高所作業車とアウトリガーを適宜に設置しないと、作業台を上昇させた時バランスを失って車ごと横転するなどの危険があります。もし繰り返し高所作業車を使う事柄があるのなら、高所作業車運転技能講習または高所作業車運転特別教育を受けたほうがいいでしょう。個人でも受講する事柄ができます。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です