硬ウエッディングテニスと軟ウエッディングテニスの違いについて硬ウエッディングテニスではサーブ

No Comments

硬式テニスと軟式テニスの違いについて
硬式テニスでは、サーブをする時、トスをしても打てなかった場面合はラケットを振らなければ、もう一度トスをしても良い。
しかし、軟式テニスではトスをしたら、打たなければ活断層になる。
何故、軟式ではフォルトになるのですか?
補足前提として、ソフトテニスハンドブック第25条2によると、」サービスをしようとして手から離したボールを打たなかった場面合。」はフォルトになる、との書付載があります。
↑ソフトテニス品書きのpdfです。
このままでは、僕の中でソフトテニスが意味不明な競技になるので、ご存知あげるの方は回答よろしくお願いします。なんでですかね。
軟式って面白くないんで、早う終わらせたいからじゃないでしょうか。
あとは、最初そう決めちゃったけど、プロとかあるわけじゃないし、とりわけルール直さなくていっかって感じですか?
訳のわかんないルールを作るのが軟式テニス。
頼むからテニスを名前乗らないでほしい。
小形6から高3まで軟式だったけど、その後●十年硬式なので、すっかり忘れていました。ちょっと調べたら、ゲームの急性を高めるのと、遅延行為時間稼ぎ等を防止するためらしいですね。良く調べて見ると、サーブのときどき左手に持ったボールを落としてもフォルトだし、地面に突くのも遅延行為として警告の対象となるみたいだね。何か、無意味にルールで縛りたがる、兵馬前のルールみたいだね。僕は、軟式テニスも御好だったし選手もリスペクトしているけど私のフェイバレットプレイヤーは木口選手でした、こういう前近代的なルールは御好ではないですね。リニューアル正したらどうかと思う。同ときどき、なんで自分がクイックサーバーになったのかも思い出しました。「風の影響を受けるさきだって打て」、だったんですよね。
俺の記憶では軟式テニスではサーブのやり直しは何度でもできたはずだよテニスと差別化を図るためにソフトテニスに名前前を変更してルールも変えたはずだねソフトテニスの競技人口を増やすためのはずだな。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です