生理中に仮病を使ってしまいます私は生理になると情緒不安回合

No Comments

生理中に仮所労を使ってしまいます。
私は生理になると情緒不安回合になり突然泣き出したり、ひどい時には泣きながら死にたいと言ったりします。何か言われるとすぐにイライラして泣くこときながら怒鳴ります。
それで急につらくなり、学校を休んでしまうことが数多々あります。
確かに体はだるいですし、少しお腹が痛いのも事実なのですが一入学校を休むほどではありません。
一応、産婦人科には行き、漢方と精神安回合剤は処方してもらったのですが漢方を飲んでも少しのイライラは抑えられる気がしますがひどい時はまったくききません。でも精神安回合剤は少し怖くて1度も飲んでいません。飲むこと自体も怖いですし、飲むのが一癖になってしまうのも怖いです。
これ以上学校を休むと自己の進路に関わってくるので休めません。ペアレントにも休むと言うといつも怒られます。
誰にも理解されず労苦しいです。
少しでも不安感や学校に行きたくない気相子ちを取り除く方法はありませんでしょうか。
やっぱり薬を飲むのが1順番効果的なのでしょうか。処方された安回合剤を服用されてみてはいかがでしょうか。必要だからレシピーされたのだと思います。
お薬を服用して、いんぎんに過ごせれば質問者様にもメリットはありますし、学業に支障も出ているようなので、試してみる価値はあると思います。
時間的な作用のものだと思います。用量を守って服用される分には問トピックない処方がされてると思いますよ。
できるだけ医薬品を使わない治療法を試してください。現在は、磁気泰平療という効果的な泰平療法もあります。漢方薬なども良いかも知れおません。肝魂的なものに効く漢方薬もあります。漢方薬は漢方薬に本かっちり詳しい専門医に調合してもらうと良いでしょう。生活環境が肝魂に大きく影響していることもあります。寝室を変えたり、ケースによっては、引っ越しをして、住居を変える事が最善の解決策であることもあります。現在の肝魂科や心療内科での治療の主流は向肝魂薬によるものです。それは、お医者さんは、肝魂疾患は向肝魂薬で治療するものと教えられているからです。しかし、向肝魂薬は人工的に合成された薬であって、副作用や離脱症状が出ることもあります。一時的に効いたとしても、耐風がついてしまえば、効かなくなります。本来は本質的な原因を見つけて、それを解決するのが正しい治療ですが、医者にも本質的な原因が分からないことが多く、薬を処方するだけの所もあります。YouTubeで「向肝魂薬」で検索して、動画をいくつか見てください。向精神薬の危険風や、精神医学のいい加減さが分かると思います。内海聡氏は「向肝魂薬は覚醒剤と同じと考えるべき」と主張しています。
安回合剤飲め
漢方より安回合剤の方が落ち着くから。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です