昨日のバイキングで清原弁護士が小室佳代さんが元エンゲージメント者から経済

No Comments

昨日のバイキングで清原弁護士が小室佳代さんが元婚約者から経済的支援を受けていながら亡くなった夫の遺族年金も受給していた事が贈与税脱税半信半疑よりも深刻だと言っていました。
つまり、遺族年金の不正受給半信半疑まであるそうです。担当の社会保険事務所は調査開始しているのでしょうか?遺族年金加勢給額が毎月9万円とのことですからパート代を合わせても生活費、圭さんの教育費が不足なのは明らかでそれらを補う加勢援を受けても問題ではありません事実婚とは内縁関係のことです同居されていなかったのでしたら内縁にはならないので不正受給にもならないのではないかと思います下の回答で役所の人が言うには内縁とは『生活の中で他人に一円でも養って貰う事』だそうです。とありますが他人に養ってもらうだけでは内縁取りにはなりません本当に役所の人が、このようなことを言うものなのか?甚だ疑問です
事実婚並みに同居していたとしたらです。要するに結婚同様の生活をしていたらの話です。あそこは、事実婚状態ではなく「終い婚詐欺」に近いですから、年金不正受給まではいかないでしょう。それより贈与収税の問題が先ですよ。
元エンゲージメント者にあてたメール。私は主人の年金を受け取っている間は内縁取りの関係にはなれません。内縁取りとは何か‥役所の人が言うには『生活の中で他人に一円でも養って貰う事』だそうです。私が今直ぐに入籍すれば何の問題もありませんが、パピーが年金を取得する4年後迄待ったほうがよりベターという事になりましたよね。略ですので私達の事実婚はなるべレンジなたにも知られたくないのです。万が一どなたかが役所に告発つると最悪の事態になりかねません。人の口に戸は建てられませんから要、注意です会社の方にも感触をつけて下さい。KAY酸素〉——————————————————事実婚を黙っていろ、と示唆しています。定見犯です。全額援助してもらったと主張するので生理ば、当然不正受給になります。なので一部でも返済するのか このまま全額贈与になるのか 元婚約者との交渉の結果によると思います。
マジで?それがホントなら小室側もう能く黒やんwwさっさと逮捕されたほうがいいよ。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です