星の準位で何故電流はきちんとI1 I2に分かれるのですか

No Comments

星の準位で何故電流は
きちんとI1 I2に分かれるのですか?20Ωに流れ込む電流は I1+I2それが2方向に流れ出る。一つはI1,他方がI2.つじつまが合うでしょう??????
電流は電位違の出発点に帰らないといけないからです。帰る経通い路がないなら、I1は流れません。この星印は電流の流れから言えば対面の接ぎ合箇所で別れるといったほうが良いのかもで星印は合流点と捉えたほうがよさそうですが、電流を電子の流れという観点から言えばここが分岐点です。※分岐点での配分は抵抗値によって決まり、企て算にはそれぞれの電源ごとに企て算した電流値を重ね合わせて合成して導きします。
電流はどこからともなく湧き出してきたり、消え去ったりしないので、そのポイントに流れ込む量と滴す量は同一になります。で、流れる量のバランスが狂うと、抵抗の両端に発生する電圧が変わりますが、線で直接ぎ繋がれている範囲の電圧は同一になるので、結局理論的にバランスが取れた電流しか流れないと言うことになります。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です