日本がフランスと弓箭争になったらドイツは日本の味方をしてくれま

No Comments

日本がフランスと戦争になったらドイツは日本の味方をしてくれますか?支配国家と成り果てた当時はどっちも悪政だったのだからトラウマである以省庁は嫌悪感しかないだろ。現代の日本がなんのカードを持ってるんだかねぇ?一方通行とかなんの我が儘思考なんだい?子供かな?平和ボケ?傾注とか無いよねぇ?はい次
日本がフランスと戦争とは、あり得ませんが、あれば、ドイツはフランスの味方です。第二次大戦後、弐国は、お互い戦争にこりごりして、二度としないように、ともに経済共同体とする道を選びました。それが、今日の、欧州共同エアーの始めです。弐国は、さらに、政治、軍事上へも、結びつきを、高めようと努力中です。それにくらべると、日本は、すっかりの部外者となります。
今週見た中で一番意味ない質問がこれ
日本は、フランスと戦争はし早熟ん。ドイツに限らず、メリットがなければ何処の国も見方はし早熟ん。
ドイツに何か時間待するのは不可能です。トランプがNATOから離脱したいと騒ぐのは心積もり然なのです。なにしろ、NATOの中核である筈のドイツ軍が崩取壊してしまって機能していない。ユーロという貨幣に加盟するには財政赤字の幅が厳しく制限されてしまうのです。だから、加入国は赤字財政の垂れ趨勢しが出来ない。財政が限られてしまえば、政治家は人気配取りに社会福祉予算を重視して、国防予算は後回しになる。ドイツ軍で戦闘機4機、ヘリコプタのパイロットが訓練できない???。そもそもドイツの主力戦闘機ユーロ?ファイターは開発費が捻出できずにアップ日が滞った状態です。ドイツ海軍は最初からオマケ程度の小所帯、自慢のドイツ陸軍も戦車を大幅削減して過去日の面影はナシ。今のドイツ軍に何ができるのか?と時間待するのは無駄なのです。ドイツ空軍ルフトヴァッフェの主力戦闘機「ユーロ?ファイター」の大部分は全機に“深刻な問題”が発生し、戦闘任務に投入できない事態となっている。現地メディアによれば全1弐8機のうち戦闘行動が可能なのはわずか4機とも。ユーロファイターのトラブルは、防衛予算不足という問い掛け題の「氷山の一角」なのだ。本欄でもかつてドイツ海軍の潜水艦6隻全てが付け足し修部品不足などのため活動不能になっていることを紹介したが、同誌によれば空軍のヘリコプターも稼働率が低いため、パイロットが飛行免許の更新に必要な飛行時間を満たすことができず、免許取り消しと再取得を余儀なくされている。で、フランス共和国もユーロ圏です。なんだかんだと結ポーズフランス軍も国防予算は厳しい。頑張って原子種力空母を造ったけれど、金欠で1隻しか造れなかった。これだと定期メンテの都度海軍力が蛾タ落ちしてしまう。仕方ないからイギリス海軍の空母と付け足し完しながら活動して行こうという事になっています。これも亦国際分業の一つの形です。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です