弟のことです平成10老いらくに母に連れられ精神科へ受診していま

No Comments

弟の事柄です。
平成10老いらくに母に連れられ精神科へ受診していました。20才前
病名は神経症
原因は弟の習慣格もあるが学校と家庭環境が濃厚とかかれています。
そして母もこのクリニックに鑑定家っていました。
学校で 突然歌いだしたりベランダにでてしまったりしていたと書面でいます。
そして 20年経ち1年半前から違った精神科に通っています。
病名は自閉症による統合失調症
今の医者も過去の家庭リング境が原因だろうといっています。特に母も精神疾患なのでその影響が著しいと。
障害年金を申請するところですが、平成10年の頃が初診日日と認められることはありますか?
病名が違っても 20才前からの病気だと認められれば初診日日になると聞きました。
自閉的なら生まれつきですよね?
よろしくお想いいいたします。
補足平成10年に通っていた病院にカルテが残って澱、受診状況証明書を書いていただきました。
今の自閉症統合失調症はその頃からのものだと認められ遡及請求できるでしょうか?
二十歳前に初診があっても認定日日の診断書がなければ無理でしょうか?
平成10年に通っていましたがそれ以降病院には行っておらず、認定日日の診断書はありません…こんばんは。
障害年金を申請するのに
必要な初診日の証明書は、
正方しい病名が出た日ではなく、
初めて病院に行った日の
病院から書いて貰う診断書です。
よって、病名が違っても関係なく、
初診日日の診断書は
平成10年に行った
精神科で、神経症。
と、手書きかれたモノになります。
疾病名が問題なのではなく、
いつから、疾病院に行ったか?
が、必要なんですよ。
回答ありがとうございます
平成10年のものが初診とみとめられれば、遡及請求も可能ですか?カルテが残って澱受診証明書も書いてもらえました。
今どきの病名は自閉症 統合失調症です。
これでは事後つぎ重症になってしまいますか?。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です