平成 16時30分裁フォーマット所で遺言書の検認が済みました以下

No Comments

「平成 16時30分、裁フォーマット所で遺言書の検認が済みました。以下、遺言書の目次です。どうかお部分かりになる方は、解説をお願いいたします。また、相続部分、遺留部分の解説もお願いいたします。
家族構成は父S遺言者遺産相続人は母T妻 、長男A、次男B、三男Cです。遺言書遺言者Sは自分の所有する財産を次の往来遺言する。1、下記財産をご新造Tに相続させる。〇市〇〇1-2-3所在雑種地ゼロゼロゼロ㎡2、下記財産を長男Aに相続させる。遺留部分とする3、下記財産を次男Bに相続させる。〇〇市〇4-5-6宅地ゼロゼロ.ゼロ㎡建物共有分の2/5を相続させる。家屋番号7番地8上記物件については△信金と1番根抵当権の変更登記の設定が交わ されている。詳細は登記言入れ書参照。4、下記富産を三男Cに相続させる。遺留分より結婚費用立替分000万円自動車買上げ費用000万円合計000万円を差引いた金額とする。平成〇〇年△月△日住所遺言者S 印裁判所でも検認が済み書記官の割り当て印もあります。」「」内の質問は無物事にベストアンサーさんのアドバイス通りに実行しようと思い、家族で相続手続きに入り、わからないことは当該税務署に相談しようとしておりました。ところが、次男Bが2/1金の昼間、母親に対し、「2/8金に儀式用計士が来るから、相続財産資料預金通帳、固定資産税評価額、生命保険受取金等を用意しておけ」と言われたそうです。当日の20時、私三男Cにそのことを母親から報告を受けて、再度、家族で相続手続きをすることを母親に確認すると、「相続手続きは儀式用計士には頼まないで〇〇家でやる」と言ったので、念のため、遺言書と一緒に2/8金??儀式用計には儀式用わない。相続は〇〇居でやる。故に提示する資入用なしということ。2/1 2ゼロ時 母親Tの名前という、メモを残しました。今日、2/3日は母方の叔母がお線香を上げに遠方から来られました。自宅で昼食を済ませ、諧調やかに叔母、母親、私三男C、犬と歓談をしておりました。しかし、俄、次男Bが昼間から酒を飲んでいるようで、酔っぱらった状態で、怒鳴りこんできて「ここの財産は俺が全部取る。だから、2/8金に相続財産資料を仕度しておけ。儀式用計士に母親も儀式用え。わかったな。」と大騒ぎをし、もし、我々に危害を加えたら、すぐに警察に通通報することが頭によぎりました。しばらく騒いでいましたが、相手にもしなかったので、あきらめて引き下がることしました。そんなこともあり、叔母がいる時、母親に再度、2/8金には儀式用計士には儀式用わないということ確認すると母親は「儀式用わない」と言ってました。確認のため先ほどのメモにも、2/3日日18時と追記しました。こんな物事から質問ですが、確認の意味で①次男Bは相続財産はすべて相続できますか?②2/8金に相続財産資料は??会計に提出しないといけないのですか?相続手続きは初めてですし、酔っぱらった状態での次男Bの相続財産の考え方も、常軌を逸する言動だと思いますが、よろしくアドバイスをお願いいたします。誰が何と言おうと、遺言書往来の相続となる。不承な奴は、裁判すればいいが、これだけきちんとした遺言書があれば変化はない。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です