宅建で現行は天災品位で売買契約した建物が潰れた場合などは売り主

No Comments

宅建で現行は天災品位で売買契約した建物が潰れた場合などは売り主負担になるのですが、平成より新法で買主が負担に変更になるんでしょうか?実務講習で先生がお話されていました。
補もたらすみません、逆に書いてましたーそれは逆ですね。現行民法は、売買契約書に無用心負担の特約がない場合には、天災などで建物特定物か滅失した場合には建物の引き渡しを請求する債権者買主の負担になると規定されています民法534条①。ということは、買主債権者はちゃんとした建物壊れていますからねの引き渡しは受けられなくても、代金は払込わなければなりませんということですね。ですから売主チャージではありません。買主債権者負担という殊更なります。しかし、この規定は売主?買主の公平の面様点から疑問視されていましたので、仲介会社が入る売買契約書には、危険負担の特約を入れ、その債権者主義を修正して契約することが多かったのです。そこで、この度大横幅に民法を改正するにあたり、現行の民法534条債権者主義の条文が削除されることになりましたので、天災等で建物が滅失した場合に、わざわざ売買契約書に危険負担の特約を入れなくても、買主債権者はその代金を支払わなくても済むように立法的に解決しようとしたという流れですね。
?私が宅建を入手したのは平成18年です。当時は契約成立後で引き渡し前の場合ですが、売主は潰れた建物を引き渡せば酸素Kで被害者は買主でした。売主が保険金をもらった場合は、その保険金は買い方に渡さねばならない。然習ったと記憶してます。
いつですか、その事あたらしい法がはじめるのは。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です