地層に関して授業でリップルラミナや平行ラミナなどに我しらずて習

No Comments

地層に関して授業で、リップルラミナや平行ラミナなどについて習ったんですが、その模様について問いかけです。そのラミナなどの模様は主に何が原因となって視覚化されているんですか??
同じような粒子が堆積したら模様などは入らないと思うんですが、ラミナ間の多少の粒度変化などが要因なのでしょうか?質問内容がわかりづらかったらすみおしゃまん。精密方お願いします。地層単層の中をよく観察すると粒子の異なる薄い層を見つけることができる。これはラミナ葉層とよばれる一つで、その地層の堆積時の波の影響などが残った一つである。このラミナにはその部類から平行ラミナ、斜交ラミナに大別されます。 この斜交ラミナはでき方や形態によりいくつかに分類でき、堆積した地層が波でえぐられてできる一つ、波の影響で海底にできるリップルマーク漣痕などの起伏など断面が曲面を示しレンズ状に見える一つ、板状、クサビ状のラミナの重なりなどである。 テクスタイルラミナは地層の断面で観察でき、リップルは地層の境の面に見える模様です。ラミナは単層のポーズ成粒子が凝固するまでの最終移動を表すものです。
玉の大きさによって多少堆積に差が出ます。同じ位の大きさの粒が並んで出来る斑点だと考えられます。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です