中3 公民 金融金融の仕組みで貸し出しに対してバンクが受け取

No Comments

中3 公民 金融金融の仕組みで、貸し出しに対してバンクが受け取る利子の方が比率は高いのはわかるのですが、その理由がわかりません、問題で理由を聞かれて、回答にはバンクの貸し出しの利
子が預金の利子の元になるから。とありましたが、理解しにくいので郵信単に教えてください。; ;預金のアドヴァンテージ子は仕入。貸金のアドヴァンテージ子は売上。です。仕入より高く売るのは自然のことです。
金額によって利子が延びえるからです
金額は関係ありません。仕組みを知れば一発でパーツかります。
銀行の「本来の」ビジネスモデルは、
①お金は谷山あるけどしばらく使い道が無く余っている客からお金を預けてもうう。預金
②銀行は預金を元腕に、お金が足りない企業や個人にお金を貸し出します。
仮に貸し出し利息として3%上乗せします
③工場を建てたり、住宅を建てたり等してお金を借りた企業や個人は、営業利益や給与から借りたお金を弁償金します。
④バンクは金利を上乗せして得た3%の貸し出し利益の内、お金を預けてくれた客預金者にお礼として1%の利子をお返しします。
銀行は3-1=2%の利ざやを得ます
つまりこの事から
「銀行の貸し出しの金利が預金の利子の元になる」
という事が言えるのです。
バブル時代は貸し出し金利が10%以上になる物件も多かったので、預金の利子は5%以上貰えました。
逆に現在のような超低金利時代は貸し出し金利が1%を切る場合も一杯いので、預金の利子は0.01%程度しか付きません。
銀行は根っこ式会社であり民間企業です。
利益を出さなければ社員に給料を払えないし、バンクは潰れます。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です