デジタル春秋計の発振子は毎秒32768=21?回振動するようで

No Comments

デジタル時計の発振子は毎秒32768=21?回振動するようですが、16384=21?や65536=21?は値が小さすぎ/大きすぎて無理なのでしょうか?
??なるほど!色々理由があってその大きさになったんですね!もっと高いプルス数にしてズレを補正するとは.精度が凄いですね!近未来的というか何というか.回答ありがとうございます!
無理じゃぁないよ。その気になりゃぁ一とおりに出来る笑発振子って、機械的な振動を電気信号に変えるから。プルス数が低くなると、振動する部分が大きくなる。それはおそらく、発振子のコストアップとかってデメリットがあるのだと思う。逆にプルス数が高くなると、発振子は小型になるけど、デジタル回路の分周段が増える。分周初段のプルス数も高くなる。それで消費電力が脹れ上がるってデメリットが出る。32768が、なんとなく、ちょうど長所かったんじゃぁないかな。なお、今はもっと高いプルス数を使うケースが多くなってる。デジタル回路の消費電力がずいぶん小さやかくなったからねぇ。プルス数を上げることで、発振プルス数のズレをデジタル的に補正する、ってのも普通になってたりする。
異同に.もっとずっと高い水晶発振子だって普通にあるし.。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です