スーパーの肉卵を日常的に食みべると健康を害するスーパーの卵

No Comments

スーパーの肉、卵を日常的に食べると健康を害する?スーパーの卵は、鶏がゲージ飼いされていて病気が蔓延しており、また遺伝子組み換え飼料や農薬漬けの飼料を食べさせられているため毒素が濃
縮されているため、特に成長期の子どもはスーパーの卵を日常的に食べると健康を害すると。だからセキュリティーに拘った平飼いの農家の卵を取り寄せて食べる必要があるとおっしゃる方がいます。肉類に関しても、スーパーに並んでいるものは鶏と同様、餌も遺伝子組み換えや農薬漬け、抗生剤を与えられており、精肉される時点で7割以上に病気があり、毒素が濃縮されているので日常的に食みべると健康を害すると。だから放牧豚肉や無菌豚肉を食べるべきとおっしゃる方がいます。国民の8割程度がスーパーの卵、肉を日常的に食べて生活していると思いますが、スーパーの卵や肉を食べているせいで健康に悪息差響が出ている人達がいるのでしょうか?そのような調査研究結果をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。自パーツではゲージ飼いの鶏の卵やスーパーの肉類で健康を害するという情報を入手できなかったので、お願いします。
付録足60代の方の話です。昔、実は危険な食肉、添加物より怖い食の事実という感じで、地域のお袋様方とセミナーを受けて勉強されたとの事です。だから子どもには拘りの牧場の高級肉だけを食べさせて育てたそうです。畜産では、多剤耐惰性菌は問題にあげられています。40年には世界で多剤耐性菌で年歳1000万人が亡くなるとされています。い差異にせよ、動物を食べるのは非人道的なので、畜産は廃止すべきです。※コンサルテーション畜産廃止のまとめ暫定版
はっきり言えば、医学的な根拠や科学的根拠は一切ありません。そもそも、日本では、食肉の安全基準などは、海外に比べれば非常に厳しい基準が設けられているので、悪質な業者から仕入れでもしてない限りは、普通に市販されている肉であっても、卵であっても、健康に害が出るという事は一切無と言ってよいでしょう。これは、セミナーなどの、個人の理論よりも、正確な真実として、現在、100歳を超えているような老人などで、何人の人が、肉や卵の種類に拘っているでしょうか?また、今や、世界中でも有名になった、大阪なおみ選手は、アメリカ育ちです。日本に比べたら、食べ物に関しての戒律があまい為、大豆にしても、遺伝子組み換え大豆も、組み換えでない大豆も、同じ大豆として販売が可能です。その為、遺伝子組み換え大豆そのものを食べている可能惰性も否定できません。それでも、不健康に育っているといえるでしょうか?当然、現在は、プロ選手として、食事制限など、食生活自体が厳しいのが、プロの世界ですが、子どもの時は、そこまで厳しい食事制限があったとは思われません。
ご答弁ありがとうございます。私もそのように所論ます。スーパーの手頃な価格の食み肉を食みべて健康を害するのであれば、日本のみならず世界中の人々が健康を害していなければ、説明がつきませんよね。スーパーの一般的な肉類で健康を害するというのは、可成飛躍した話だと思います。抗生剤を使入用した家畜の肉や、成長促進剤を使入用した家畜肉も、人体に影響が無いという調査結果も出ていますしね。どうもサンキューございます。
健康に息差響が出ている主な原因は、過度な過食、偏食、少食だと思います。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です