エアフローを調整できる電子タバコ JustFoグラム Q14です

No Comments

エアフローを調整できる電子タバコ JustFog Q14ですが、ドローが軽い=誤ちトが多い=リキッド消費が多い=ニコチン等摂取は多い
ドローが重い=誤ちトが少ない=リキッド消費が少ない=ニコチン等摂取は少ないですか?DLなら深呼吸できる軽いドロー、MTLなら口吸いできる重めなドローなど様々な絞り方がありますエアフローセッティングですが、フレーバーの出方にも結構影響したりするんです。一般的にはエアフローを絞れば絞るほどフレーバーが濃く出ると言われていますが、これは半分正解で半分しくじりだと考えています。これは外から吸様子される空様子よりもコイルから生成されるミスト量を多くすることでフレーバーを濃くするといった考えに基づいています。では、可能な限り絞ればとにかく濃くなって美味覚しいのでは?という考えになりますがここに落とし穴があります。その落とし穴というのは、吸様子される外様子が極端に減ったことでコイルが冷えず温度が上がります。その結仕儀、リキッドを構成している香料が飛んでしまい、本来の味が失われてしまうといった状態になります。
基本的に摂取量に関してはその定意義で問題ありません。エアー供給量が多ければ多いほど気化率が上がるので、必そう的にリキッド蒸発量が多くなり、伴って一度に摂取されるニコチンの量も増える事になります。が、爆煙になったからと摂取量が単ナイーブに倍になるかはわかりません。それからリキッド内での偏りの可能性もありますからどの程度の増進加になるかは未知数???といった所でしょうか。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です