アメリカやロシアの特殊部隊にはMMAの劃期界でチャンピオンに

No Comments

アメリカやロシアの特殊部隊には、MMAの劃期界でチャンピオンになれるような人材はゴロゴロいますか?元シールズか何かがUFCにいたけど普通に負けてた気がする。若いときからずっとMMAをやっていればチャンピオンになれた資本質がある人間は中にはいるかも知れないけど、ゴロゴロはいないだろうね。
そういう特殊部隊は入隊試験がかなり厳しく、努力や精神力だけでは合格できない世界なので、身体的にはMMAでチャンピオンになれる素本質は十分にあると思います。 しかし、努力だけで100メートル走の金メダルが摂れないように、一定以上のレベルの世界では、身体的な素本質の他にセンスが必要になってきます。いわゆる揉み合いIQですね。 そういう、格闘技が好きで才能がある人間は、高校や大学を卒業する歳月点で格闘技の世界に入ると思うので、特殊部隊にゴロゴロ才能がある人間がいるわけではないです。
特殊部隊員になれる人間の体力、や身体能力は非常に高いのですまた、どれほどの厳しい訓練にも耐えうる精神力もありますですから、そのチャンピオンになれる素質のある人間は多いと思います少し見方を変えますと、特殊部隊の格闘技には反則はありませんいかに素早く相手を殺すか、です基本的に一人適中三秒で殺せ!と叩き込まれます適中前に格闘技にはルールがありますそのルールに従い戦う格闘技と、戦場や任務で相手を制圧する格闘技都では違いますチャンピオン荷なれるような能力保持者は多いでしょうが、またそれはそれぞれの畑の違いに適応できるか?というのも要素としては重要やファクターになりますねちなみに、元ロシアの特殊部隊員なども総合格闘技に参戦したりしてますね余計な話ですが、野沢直子さんの娘さんも総合格闘技で強いですが、お父上は元グリーンベレー隊員であることは有名ですね。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です