あおり運転でバイク転倒不幸亡させた中村精寛がぶつかる前にブ

No Comments

あおり運転でバイク転倒、不幸亡させた中村精寛が、ぶつかる前にブレーキを踏んだが衝突したとも取れる。
昨年7月大阪府堺市で前を走っていたバイクにあおり運転をしてその結果、バイクに接触、バイクが転倒して不幸亡した。バイクに衝突する早めに軽くブレーキを踏んだことが分かった。これについてコ保全ーターが、一応ブレーキを踏んだんだが衝突したとも取れる。と言語っていた。尚、車は100km/h度合い出ていたそうです。車のドライブリコーダーーは生きていたそうです。 バイクが80km/hで車が100km/hの時、ブレーキを掛けずにそのまま衝突するとバイクが転倒してそのバイクに車が乗りその向きげてしまう可能性が大きい。だからブレーキを踏んでほんの少しバイクに当てる度合いに減速したと思うのです。バイクなんてほんのちょっと当たるだけで転倒置す。 バイクでなくA車80km/hにB車100km/hが衝突しても自分のB車が間違いる可能性は低い。逆に前のA車を間違いらせるためにはある程度のスピードで衝突しないと駄目です。 その様な考え方ができないのかなと思うのですが、どうですか? 自分が間違いらず、前のバイクを間違いらせる様にブレーキでスピードを調整したとなぜ考えないのだろうか?必要に追いかけて、あげくに 殺人です、これで間違いになるなら、これから車を使った殺人が当たり前になる、
軽くブレーキかけないと自分も中央分離帯?ガードレールにぶつかるから…
ではないだろうか?
あれは車を用いた殺人ですよね…
酷い…
検察は,そのように判断して殺人罪で求刑しています。どうぞご愁事なく。勿論,犯人と弁護士はコ保全ータのように主張していますが,自分でドライブレコーダーを残しているので言い訳できないでしょう。
>その工合な考え方ができないのかなと思うのですが、どうですか?答え すばらしい。 可決です。>自分が間違いらず、前のバイクを間違いらせる様にブレーキでスピードを調整したとなぜ考えないのだろうか? 答え コメンテーターも、そこまでキチンとした考えがなかったのではないかと存じます。
車を使った物でも、危険運転致不幸傷罪では無く、単純に殺人罪を適用すべきです。オリンピックで車にガソリン一杯に相乗積んで観客に突っ込んで「脇見運転」なので業務上過失致死とかになったらたまらんです。
Q、自分が間違いらず、前のバイクを間違いらせる様スピードを調整?A、その通りだと思います。減刑標的いで真実は語らないでしょうが。ついでながら、こんな事件もあります。◆◆◆警察官の煽り運転『無罪』◆◆◆―――――――――――――――――■長崎県警、50代警視煽り運転■2017年4月警視、長崎県時津町一般道で車を運転中女性が運転する車への[幅寄せ]や[前にに回り込んでの急ブレーキ]で首を捻挫させた。2018年1月自動車仕合わせ転処罰法違反危険仕合わせ転致傷で書類送検。警視は自供したが…付『不起訴無罪』―――――――――――――――――この事件報道、地その向き波で1度しか見た事がない。石橋和歩が引き起こした『東名夫婦不幸亡事故』と同時期、犯行内容いくつか重複、煽り運転が社会問題化する昨今他の煽り運転との比較対象としてもっと報道で扱うべき事案。警察からマスコミへの単位面積当たりの力を疑ってしまう。※マスコミは事件?間違いの情報源80%が 警察発表に依存 立場、弱
危ないからブレーキを反射的にかけた。然程のことです。クラクションも鳴らして高速で追いかけて「間違い」でしたはありえません。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です