『大相撲』怪我にたいする対策を稀勢の里もかくですがけが

No Comments

『大相撲』、怪我にたいする対策を!稀勢の里もかくですが、けがで引退に至ってしまったようなかんじです。力士は、角力の場の宝であるのに 怪我が原因で休場、引退になってしまうのは、大変残念
です。土俵の回りを少し拡げるとか?高さを低くして土俵の外に落ちても軽症で済むようにするとか?なにか対策を確信るべきではないでしょうか。千代のステートに続き、琴勇輝までも車椅子で運ばれていきました。
もう他愛ない場所はボロボロ。
大相撲もウエイト制が必要になったんじゃね!フライ級関脇、ミドル級横綱、ヘビー級大関なんてね!
おっしゃる往還です。日本の国技である『大相撲』の伝統をまもりながら改革出来る事は、改善していけるように角力の場に、意見、アドバイスしていきたいと、思いました。ご回答所有物り難うございました。
力紳士の身体が大型化していながら、昔ながらのやり方を変えないから故障者が続出する。
仰る通り、土俵の高さを低くしたり、土手までを拡がるだけで、怪我は少なくなる。
散々言われていますが、年に六場所、その間にも巡業があるスケジュールはあまりに厳しい。
発祥地所は春夏秋冬の年4回くらいにすべき。
あれだけの身体を持続していながら、食事に関して栄養士等の介入がほとんどない。
いまだにパパこ依存では、栄養バランス的に問題があるはず。
故障していても、息抜き場すれば番付は容赦なく落とされるので、故障していても無理をせざるを得ない。
国技ですから、変えてはいけない事は克くある。
でも、今の時代に合わせて、変えられる所は変えるべきだと渇きます。
最近の発祥地所は、休場者が複数いるのが当たり前となっている。
何かしらの打つ手は必要。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です